ブログ

GW前に夢の国で家族サービス

夢の国

今年は長い方で10連休となる比較的大型となりやすいゴールデンウィークとなります。この長い休暇をどのように過ごすか計画を立てている方は多くいりと思いますが、全ての人間に平等に大型連休が訪れる訳ではありません。

 

特に年中無休で営業しているファミリーレストランなどは休日には大勢の利用客で賑わっていますが、働いている従業員は休日も出勤となります。

 

アマゾンギフト券の買取もひとつのサービス業となり土日祝日でも多くの申込や問い合わせがある職業となります。

 

しかし多くの方が休暇となるゴールデンウィークはどこに行っても混雑するのが定説となっており迂闊に出かけることもできません。

 

そのためどこか行くなら連休前に出かけた方がまだましだろうということで週末に出かけることにしました。

 

アマゾンギフト券には発行されてから1年という有効期限がありますが、夢の国行きのパスポートも同様に1年の有効期限があります。

 

以前、親戚から子供の誕生日プレゼントとしてもらったパスポートの有効期限が残り一か月と迫っていたことに気づきました。

 

アマゾンギフト券の有効期限が迫っていたら高価買取で現金化していましたが夢の国のパスポートは4月に値上げされており利用した方が利口といえます。

 

週末は雨予報でしたが急遽、曇りになるという奇跡的なタイミングも重なり週末は夢の国に出かけることに決めました。

夢の国を一日中満喫し感じたこと

2016年4月から夢の国の1Dayパスポートの料金が大人6,900円から7,400円に値上げされました。この値上げされる前に購入したパスポートでも追加料金を支払わず利用できるためお得に感じますが駐車場の料金も同時に値上げされており休日は3,000円なのであまりお得感はありませんでした。

 

今回は子供達を連れて初めて海バージョンの夢の国へ行きました。朝はまだ小雨がちらついていましたが傘が必要なほどではなくしばらくするとやみ汗ばむほどの陽気となり天候には恵まれたように思えます。

 

そのせいかどこに行っても人混みでしたが、それでも子供達は楽しそうにしていました。入園し「ファストパス」という混雑時でも優先的に入れる予約券のようなものを入手するため目的となるアトラクションへ向かったのですがまさかの売り切れ。

 

まだ9時過ぎだというのに夢の国の恐ろしさを早々に実感したのです。

 

比較的混雑してないアトラクションやキャラクターの記念撮影などをし、いざ目的となるアトラクションに並ぶ決意をしました。

 

入場前に表示待ち時間は120分。落ち着きのない子供にとって過酷な時間とは思いましたが覚悟を決めて並びました。

 

ファストパスの列はスムーズに進んでいくなか3時間弱を経過した頃ようやく目的のアトラクションにたどり着いたのです。

 

カートのような乗り物にのって空気銃で的を狙うというまさに子供だましのようなアトラクション。これに休みの貴重な時間を費やすことに疑問を感じましたが、満足した子供の笑顔を見たらその答えがわかった気がします。

 

その後、海の上で開催されるショーや花火などを満喫し帰宅したのが10時半。子供にとっては夢のような1日だったと思いますが、現実を知る大人にとっては非効率的な非現実の世界に感じました。

 

また日が明ければいつもと同じアマゾンギフト券の高価買取。そのための活力となる子供の笑顔を十分にもらい夢の国の疲れを引きずり満員電車に揺られamattaへ向かうのです。

関連記事

ページ上部へ戻る