ブログ

買取サービスの利用資格はあるの?

買取サービスの利用資格

チケットショップで金券類を換金するのとアマゾンギフト券の買取サービスは同じ要領となりますが、このサービスは老若男女誰にでも利用することが可能なサービスなのでしょうか?

アマゾンギフト券の買取を金券類の売買などと変わらない内容となっております。ではチケットショップでの買取・販売に条件があるのかといいますと、基本的に身分証明書の提示を求められるだけで特にないように思われます。

しかし一つだけチケットショップやアマゾンギフト券の買取を利用するための資格があります。それは「20歳以上であること」です。

これは古物営業法に基づき未成年による古物の売買は保護者の同意が必要になるからです。

小学生や中学生が読み終えた漫画本を古本屋で売る時に自宅に電話をし確認する理由が保護者の同意です。

従って未成年によるアマゾンギフト券の買取はどこの業者でも利用することはできません。古物営業法では保護者の同意があれば問題ありませんが、買取業者が自宅に連絡し確認をすることはなくサービスの利用を断られます。

この未成年というのが唯一の利用資格に該当しない事項なのですが、成人した方が窓口として申込をし代理にギフト券を売却すれば問題なく買取が可能となります。

結果的に実質的には誰にでも利用が可能な買取サービスですが、「手元にアマゾンギフト券がある」というのが絶対的な条件のように思えますが必ずしもそうとは言えません。

amattaの買取サービスを利用されているお客様の中にはアマゾンギフト券を購入し換金している方もおります。このようなお客様は貯まったポイントをアマゾンギフト券に交換したり携帯電話のキャリア決済で購入するなど方法はさまざまですが、誰でも簡単に利用することが可能なサービスなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る