ブログ

ネットオークションで売買されているギフト券

ネットオークションで取引されるギフト券

プレゼントやお祝いとしてギフト券を贈る際にはチケットショップで格安販売されている中古のギフト券では相手に失礼な気がします。そのため「ギフト」として贈るものは正規で購入した新品というのが常識のように感じます。

チケットショップで販売されている中古の商品券は比較的見た目はきれいに見えますが、ちょっと汚れが付いていたり折れ目がついている可能性があります。そんな商品を自分で使う分には気になりませんが人にプレゼントする人はいません。

中古の商品券をプレゼントする人はいませんが、アマゾンギフト券などの形のない電子マネーは中古と新品の区別はないと思います。カードタイプのギフト券は商品券と同じように汚れこともありますが、eメールタイプのギフト券は折れたり破れたりすることは絶対にありません。

そのためアマゾンギフト券は中古でも新品でもかわらない価値があります。そうなりますとAmazonで新品を購入するよりも格安で購入できた方がお得ということになります。

アマゾンギフト券の中古品を販売しているお店はごくわずかしかありませんが、ネットオークションに出品されているのを目にすることがあります。

ネットオークションは個人やお店が商品を出品し一番高い買取価格を付けた方が購入できるシステムとして多くの方利用しているサービスです。

ネットオークションでは数多くのアマゾンギフト券が出品されており相場を見てみると額面よりも多少安い金額で落札されています。なかにはギフト券の額面よりも高い金額で出品されているものもあり、ポイントや切手などを現金化するために出品されているものもあります。

アマゾンギフト券をネットオークションで売買することはいくつかの危険要素が潜んでいます。

まずアマゾンギフト券専門のマッチングサイトと同様に詐欺による不正に入手されたギフト券を出品されているという点です。

もう一つはオークションで取引が成立した際の商品の授受は取引ナビという伝言板のようなもので行います。買取代金の入金が確認がとれましたら取引ナビでギフトコードを伝えるだけで終了となります。

お金を送金したがギフト券が使用できないというトラブルも少なくありません。

ネットオークションは格安でギフト券を購入することができるサービスですがそこには危険が潜んでおりますのでオススメできません。

関連記事

ページ上部へ戻る